講師としてのプロフィール

とあるカルチャースクールの講師登録
改めて考える機会に成りましたね
文章も読んでくれるだろう、受講生向けに

実績・成果:
自身が落研出身では無くしかも45歳から始めた落語です。自分が苦労して得た経験を生かして、子供から年配の人までその人に合った指導をしてきました。ただグループ指導しかしていませんので?
今年一月から三月まで、みよし市と名古屋市港区でも「落語に挑戦!」の講師をします。

講師プロフィール:
落研出身でも無い,高校しか出て居ない私は、45歳の時に落語の世界に飛び込みました。社会人落語「楽語の会」に入会し先輩から指導を受けて精進しました。

縁が有り地元の生涯学習課から、落語の指導をしてみませんか?と誘われ、まだ初めて2年半しか経験の無い私は、会の仲間の協力で講師を受けたのです。その受講生に頼まれて正式に先生に成ったのが、平成11年3月です。18年の子供の教室を始め、19年にまた新たな大人の教室を、他の市からも大人、子供の教室の依頼を受け続けました。その間、豊田中日文化センターや名古屋市の生涯学習センターの先生として指導もしました。

年齢やその人の個性に合わせて指導出来る様に成ったのも、長い経験によるものだと思って居ます。全く落語経験の無かった私だからこそ出来たのだと思うのです。
指導はその人の目標が、何かを考えておこないます。

全くの初心者でも半年、一年でそれなりのレベルに到達することも可能です。当人のやる気を引き出すそんな事も経験のお蔭なのです。

指導とは関係ありませんが中部電力さんの講演をしたり、各地で落語の実演や講演を今でも続けて居ます。平成8年から今までの舞台の実績は昨年1000回を超えています。

初心者の方へ:
プロの噺家に成るなら、真打の師匠の門をたたく事です。

そうでは無い、落語を楽しみたい、人前で一席喋ってみたい。それより上を目指す、出来ればそれなりの会場で、セミプロとして活動してみたい。そんな人達の為の落語講座です。

初心者の人の気持ちは誰より理解できると思います。自分がそうだったからです。
私が独り立ちして、落語の営業が出来るのに7年かかりました。その経験から、少しでも早く舞台に立てるようにしてあげたい。

落語は楽しいものです。その楽しさを目の前の人に伝える。楽しさの共有が出来る、自分が楽しくなければ聞いて居る人も楽しくありません。

15分の話を覚えるのは大変だろう。確かにそうですが、まず自分が好きなセリフから覚える。そのセリフを生かす為には他のセリフの部分も大事だと気が付くと、自然に全体の流れセリフの言い回しにも興味が湧いて、覚えようと出来ます。

大丈夫やる気さえあれば出来ます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/05 08:56)

名古屋市港区エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。