次は「目黒のさんま」

次の話は「目黒のさんま」を覚えます
なるべく早く覚えて、10月には舞台に掛けたいと思います
それでは誰の「目黒の秋刀魚」にするか考える訳です
先ず五代目の円楽師匠。十代目馬生師匠???
何となくセリフの動きはわかっています
何しろ笑天君の「目黒のさんま」を何度も聞いて居ますから
プロの師匠たちのも良く聞かせて頂いております
結局、市馬師匠で原稿を作る事にしました

所が、本ネタ自体は12、3分位なのです
もう少し時間が稼げないと不味いせめて15分はないと
市馬師の枕は実に一般的なのですが?
そのまま使う事にしました
掛けて行く内に変更すれば良い
そんな事を考えながら心のリハビリをしています
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する