整理

部屋の整理を始めたが、中々進まない
懐かしい資料が出て来て、それを読み込んでしまう
15年ほど前に砂九さんと行った天白の住宅
私の紹介文も懐かしい

アッ!金葉さんが大垣でやった教室の資料
生徒さんが18名もいる
なぜか経大亭勝笑さんの名前まで

「作野夏まつり」のプログラム
くろ姫さんが、権助魚をやって居る
懐かしい「先生たちの大喜利」
原稿も出て来た、すべて私が作ったものだ
仕込みも仕込みバレバレの大喜利だったな~

片付けが止まってしまった
この辺にしておこう
資料の整理が終わったら
心のせいりも必要かな?
スポンサーサイト

「喜楽会」

水曜日の午後は「喜楽会」です
今回は、宿六駄らくのコンビが
岡崎で落語をすると言う事で遅れる
こころさんはお休み

開始時間には小梅さんと私だけ
人生相談状態・・もっとも、そんな話をしていましたけど
少し遅れて牡丹さん
お二人の稽古だけでも

僕たちヒーローキッズ・・小梅
鹿政談・・・牡丹

そこに凸凹コンビ到着
さらに、こころさんも用が済んだと

全員揃った所で今後の打ち合わせ
たまにはこんな時間も良いかな

「第二喜楽会」

水曜日の「第二喜楽会」です
今回は、あい愛さんがお仕事で欠席です
会場も第2会議室です。初めて使います
こじんまりして居て使い勝手は良いですね

永頃亭夢雀・・寝床
京家旬花・・・雑排
京家茶ちゃ・・おはぎ大好き

旬花さんは初めて雑排に挑戦です
セリフは入って居ますね
登場人物の設定が大事かな
茶ちゃさんの、おはぎ大好き
お婆ちゃんを楽しく表現してます
二人共に良い感じです

夢雀さん、前回と違ってセリフが正確に言えてます
後は旦那と久七をどう表現するか
無理やりオチをどうまとめて、どんな表現にするか?
完成した時が楽しみです

へっついと煙管

先日の講座で「へっつい」って何?の質問
確かに「へっつい」何て落語にしか出て来ませんもの
「へっつい」から、かまどに成って
現在のガスコンロ、IHクッキングヒーターですかね?
我家はガスです
今はスイッチ一つで火が付きますが
昔は火種を付けて燃えやすい物に移し
薪を燃やす、大変手数が掛かった時代の道具です
煙草だってそう、一服吸うのにも大変だったんです
その煙草を吸う時に使う煙管
今キセルの方のイメージが強いですが
電車のキセルは煙管からきている
雁首と、吸い口の間の竹で出来て居る部分
それが今のキセルの意味に使われている
私もこの説明をする為だけに「煙管」を持って居ます

色々な物が時代と共に変わってきました

最終回はリクエストのネタ

思い付きで物を言う私の癖
先日の講座の時に最終回はリクエストのネタにします
何て口が滑ったものだから?
そうしなきゃいけません
いくつネタ候補を出すのか
駄らくさんにも相談しなくちゃ
第2回の資料も作らなくちゃいけないし
自ら苦労を作る人なんですね
それでも自分を追い込む事で
次に繋げる
座右の銘「有言実行」が生きて居る?

明日中には作らないと間に合いません
それでは頑張ります

「鹽竈カッパ寄席」

日曜日は
名古屋市中川区西日置
「鹽竈カッパ寄席」
久しぶりの名古屋です
14時開演
番組
「目薬」笑天
「ハンドタオル」喜楽
「月に群雲」無眠
~仲入り~
「戒名書き」河太朗
「お文さん」くっか

自分の出来が余り良くなかったので
チョット辛い
喉の調子がどうもいけません
禁酒しても中々効果が出ません
何したら良いのでしょうか?
悩む毎日です

「締め込み」

またまた新しい話を録音
「締め込み」文楽師匠です
師匠で18分なので20分は掛かりますね
それを何とか15分バージョンにします
一気に3ページまで書きかけましたが
最近書きかけたネタ
全て中途半端な状態です
「辰巳の辻占」も??
これも何も全て生徒さん用なのです
勿論自分で掛ける可能性も有りますけど
今までに無いような話が良いと
片っ端から録音を始めたんです

何か原稿にして欲しいのが有れば
作りますよ

「落語を聴いて学ぶエトセトラ」

「落語を聴いて学ぶエトセトラ」
第1回は無事終了しました
受講者数26名
4名ほどお休みだったと思います
8:30分現地集合
夢雀さんがお手伝いに来てくれました
早速会場の準備・・9時準備終了
控室で着物に着替える

9:30開始
主催者の挨拶注意事項等
喜楽、駄らく挨拶
発声練習
一分線香
早口言葉

落語の基礎知識
キリについて、上下
等々
質問

仲入り
ハンドタオル・・喜楽
買い物ブギ・・・駄らく
みどりの窓口・・喜楽
次回の案内
11:30終了
全員で後片付け

第1回なので少し硬かったかな?
いや、私たちの準備不足
もっと色々想定して臨むべきだったのか
反省点多数これも次回に向けて考えなくちゃ
次回は5月20日です

ミニ告知

一目上がりの次は「牡丹燈篭」
小朝師匠ので起こそうと思います
35分ですから何とか30分には
イヤ理想は25分ですね

そんな事を思いながら遂に今日「落語を聴いて学ぶエトセトラ」
の始まりです、受講生はどんな人が来るのか
地元同年が本当に申し込んでくれました
楽しくも有りチョットやり難いかな?
新作を2席やる予定です

ミニ告知
4月24日(日)14時~16時
名古屋市中川区西日置
「鹽竈カッパ寄席」
入場自由
出演
竜宮亭無眠、若鯱亭笑天、夢の家くっか
川の家河太朗、お好味家喜楽
お誘い合わせてお出かけください

復活したお袋

桶狭間十三佛巡り
元気なお袋と、奥様の三人で出かけました
と、言う物の三つのお寺さんに伺って来ました
今年初めに腰を強く打って
一時は???
でしたが、見事に復活した
現在91歳のお袋ですが
再び元気に成りました
何処かに出かけるのも楽しそうです
この調子で元気で百歳を迎えてくれたら
息子としてそう思わずにはいられません

落語家の系図

金曜日の「落語を聴いて学ぶエトセトラ」
全5回に向けて準備中
第1回の資料は随分前に担当者にお渡ししました

第3回に使う
落語家の系図を簡単にまとめる作業
江戸時代からでは受講生もわかり難い
六代目圓生師匠、志ん生師匠、文楽師匠と言った所から
上方ですと、米朝師匠、春団治師匠、松鶴師匠、文枝師匠、
この辺からです
勿論私の勝手な思いと、好みが入って居ます
こんな作業をしていても楽しい
落語って良いな~
歴史とか?その他の雑学もかなり細かく
これも私の独断ですけどね
講師だから思い通りに出来ます

一目上がり

近頃沈む話の多い事
明るいニュースは無いのか?

有りました
毎日好きな落語が聞ける事
ニコニコ動画で、YouTubeで
昨日は一目上がりでした
金馬師匠と、小さん師匠の
16分と19分。二つを交互に聞いて
頭の中でミックスして
16分にまとめる
最近は食い散らしているので
稽古に至って居ません
この間の蒲郡落語を聴く会で
燕弥師匠で久しぶりに聴いて
その気に成りました

平穏な日々

地元同年会「丑寅会。24,25年会」
先日の富士への旅行に続いての飲み会
もっとも私は飲みませんが
熊本、大分の地震の話題になります
まあ~当然ですが
今の普通の生活がいかに大事か
そんな事を改めて感じます
何とか少しでも早く収束して欲しい
年齢から来るものなんでしょう
家族の事を思う気持ちが
つよく成ります

う~~ん

朝から強い雨が降っています
九州の被災地は大変だなあ~
そう思いながら目が覚めました

日本のどこかで一大事が起きていても
他の地域では生産活動をしなければいけません
国全体が落ち込んでいては駄目です
今日も一日頑張りましょう

話しを短くするコツ

ハンドタオルの短縮版が完成
志の輔師匠の新作は(他もそうですけど)
18分でも私がやると、まず20分はかかりますね
それでも15分位で収めたい時って有りますよね
そんな時の為に13分で収まるように
短縮バージョンを考えました
中身の言葉を替え、内容的にはそれなりに
う~~うけなく成ったら嫌だなと思いながら

一つの講座を受け持って時間も決まって
お弟子さんには余り無理が言えない時
私が工夫するしか有りませんから
こんな努力もしています
2月の「ウインク愛知」の紙入れもそうでした

元々はこどものネタ作りで
15分の話を、6分から10分程度に
短くする必要性が有って
改作に近いやり方をしたのが始まりでした
慣れてくると意外と簡単に出来ますよ

「みどりの窓口」も短縮版を考えて居ます
それは又次回に廻します

「喜楽会」

同じく水曜夜は「喜楽会」
いつもより5分ほど早く出たのですが
結局公民館に着いたのは5分前
平日の午後5時50分位は
めちゃ混みますね
安城、碧南みたいな田舎でも

牡丹さん以外はすでに揃っていました
相変わらず今後の活動の話が有り過ぎ
西尾市の社福協の登録してから
宅老所やサロンと言った所からの依頼が
しかも、繰り返しの依頼??今回が3回目とか?

宿六・・・堪忍袋
駄らく・・お見立て
こころ・・たらちね
小梅・・・ヒローキッズ(文枝作)
牡丹・・・甲府ぃ

時間調整に失敗
終了が9時に
時計を見て居ますが
次回はもっと注意します
お見立てと、ヒローキッズが初めてのお稽古でした
積極的ですね。私も見習います

「第二喜楽会」

水曜日です「第二喜楽会」
いつもより5分早く家を出たのだが?
結局公民館い着いたのは10分前
次回は9時10分に家を出よう
水曜のこの時間は意外と交通量が多い

夢雀・・・寝床
旬花・・・転失気
茶ちゃ・・おはぎ大好き
あい愛・・道具屋

相変わらず全員やる気まんまんです
茶ちゃさんのネタ初めて聞くお話です
旬花さん。次回は雑排に成ります

慰問の日程も決まりました
5/11(水)ヴィラトピア知立です
5/29(日)の発表会に向けて最後の調整用に成ります

落語文化講座

あと10日後に昭林の講座が開講します
受講生の皆さんに会えるのがとても楽しみです
楽しむだけではいけませんけどね
準備もしなければ
駄らくさんの協力を得て
皆さんに喜んで頂けるようにします

みよし市で一度経験したので
不安は余り無いのです
期待の方が大きいのです
自分がどんな変身をするか
全く変化しないか
10日後昭林公民館で答えが出ます

、犬の目

毎日資料の整理と
新しいネタ原稿に明け暮れていますが
ようやく、犬の目のオチまで行きつきました

米朝師匠のを標準語に替えたと言うより
中身が随分変化さていますので
改作みたいなものですかね?
何とか上方の面白さを残したつもりです
近々お披露目したいと思います

しかし今年は自分で言うのも変ですが
精力的なネタ下し攻勢です
ろうそくの火が消える寸前状態かも?
PCの前に座るとついつい2時間ぐらい続けて
それが二日、三日続ける
いわゆる没頭するってやつ
こんな事が出来るのも後何カ月かな?
いや何年か続くかも?

凄い甘えたです

ななちゃんが我が家に来て三カ月が過ぎました
とても甘えん坊です。女の子だから表現が微妙かな
今日も朝6時10分に私が起きると
寝室の前でちょこんと座って待ってます
洗面所について来て、すりすり
ご飯を食べようとすると直ぐに膝の上にのります
食べるのには邪魔です
わざとしてるのかな?
仕事に出かける時は
何故か知らん顔
良くわからん
我家のアイドルです

柳家権太郎、燕弥親子会

日曜日は蒲郡落語を聴く会
第192回例会
柳家権太郎、燕弥親子会

一目上がり・・・・燕弥
鰻に幇間・・・・・権太郎
お仲入り
心眼・・・・・・・権太郎
三方一両損・・・・燕弥

やっぱり権太郎師匠はいいな
同じ金毘羅繫がり(私が勝手に思ってる)

宿さんの、悦ちゃんの木札で参加
駄らくさんご夫婦は町内会の用で欠席
会場で岐阜大の景郎君を発見
今筑さんや長介さんの顔も
入場者が230名だと言う事です
空席は全く無かったですね

「こども喜楽会」

土曜日は「こども喜楽会」です
今月は今回一回だけです
いちごちゃんが子供会の都合で少し遅れる

幹坊君の基本指導から一分線香そして「たぬきの入学式」

さかい君「鹿政談」
ここで休憩
そこに、いくらちゃんとお母さんが登場
皆で私の富士山土産と
いくらちゃんの持って来てくれた「クッキー」
美味しく頂く
乙女ちゃんの「かぼちゃ屋」
終わった所にいちごちゃん到着
自転車で来たらしく疲れたまま
「老婆の休日」

何とか全体の稽古が終了
6月25日(土)の「こうぼう寄席」
に向けて頑張りましょうね

「いくらちゃん」
これからも時々顔を出してくれると嬉しいな

ソフトバンクの早口言葉

テレビのコマーシャルが耳に入って来ます
ソフトバンクのギガちゃんの人気はスゴイ
まああれだけ可愛いのですから当たり前ですか?
白い犬の座はお父さんから
ギガちゃんになったのでしょうか?

私は内心どうして猫にしないのか疑問ですが?

早口言葉が気に成ります
今回の昭林公民館の講座
「落語を聴いて学ぶエトセトラ」
の早口言葉をこれに替えようかと
① 右耳にミニにきび
② 赤あぶりカルビ、青あぶりカルビ、黄あぶりカルビ
③ デーモン閣下。休暇許可、却下
④ ハンバーグ師匠。少々粗相しそう
こんな感じに変更

今年度もスタートしました

いよいよ新年度が始まりました
子供達も昨日は小学校の入学式
それぞれ進級したり
子供だけでなく若者も新社会人

私達も前期講座が始まる
地元、安城市の高齢者教室
例年と違い今年度は沢山の公民館から
お話を頂きました。有難い事です
具体的に内容を考える時期ですね

もう一つは後期講座に向けた
そんなお話が出始めるのが
来月あたりですか
早い話が常に先さきを、考えて居る訳です

教室も大人向けの講座を
文化講座とセットで出来たら
それは理想ですけどね

年中舞台や教室や○○な事を目指している
新しい物を求めて今年度もスタートしました

不思議な再会

先日○○信用金庫に行った時
受付の女性とお話をしてロビーでくつろいで居ると
先ほどの女性職員さんが私の所へ来て
「あの~私、王翔の・・・」
「アッ・・・娘さんですよね?」
「そうです。わかりますか」
「内の娘も同じ信金で、同じ職場でしたよね」

私の高校の同級生のお嬢さんでした
以前と変わらず綺麗で可愛いままです
「実は、あれから父は亡くなりました」
「お店が閉まったので、心配して
携帯に電話したのですがつながりませんでした」
「そうでしたか?お話出来て良かったです」

○○君が近くでお店をやっている
そんな情報を得て
何回か食事をしに行ったりしていて
奥さんとも会話で盛り上がった事も
娘さんもお手伝いしていたし

一度お店で
「オイ。清水。一度落語聞かせてくれよ」
「ジャ~、こんな格好だけどやるよ」
あの時どんなネタをやったのかな?

娘さんもその事を覚えていました
不思議な再会でした
悲しい知らせの再会に成りました

花の様に季節の話

今年は桜見物が出来ないままです

季節ごとの花やイベントって大事ですよね
その瞬間を肌で感じられる
後何かいそれを繰り返す事が出来るのか?
落語だってそうかもしれません
季節ネタが有ります
この時期だと「長屋の花見」「花見の仇討」
暑く成れば怪談物
秋はあきで良い話が有りますし
雪・・正月もの

しかし季節感が有り過ぎると
その時期しか出来ないと言う
デメリットも有る訳ですよ

どうしても一年通じて出来る話
その方が効率が良いですからね

夏の前に「ちりとてちん」稽古し直そうかな

「落語を聴いて学ぶエトセトラ」

4月3日(日)は前期高講座の申し込みの日でした
受講生はそれなりに集まりました
未だ目標に達してはいませんが

4月22日(金)が第一回なのでもう少し
募集を続けます
安城市在住、在勤の皆さん
まだ若干余裕が有ります
場所:安城市昭林公民館
全5回全て金曜日・・9:30~11:30
4/22.5/20.6/17.7/15.8/19.
受講料1000円
一度検討してみて下さい

お願いします

富士山

日、月と富士山の方に行って来ました
地元の同年旅行です
碧南から安城に移って7年目でしたか?
30歳に時に同年会「丑寅会」に入会
36年も経ちましたね
42歳の厄も務め61歳に厄も過ぎ
特に目的の無い集団ですが
今も楽しい語らいの場です

私は落語の都合で中々参加出来ないのですが
久しぶりに旅行に参加出来ました
以前に比べればお酒の量も随分おとなしく成りました
イヤ元気な人も居ますね

4月からに新しい幹事も決まり
再び新しい2年に入ります
みんな~長生きしようね

犬の目、狸賽、目薬

新しい原稿を作ろうと
犬の目、狸賽、目薬を
アイシーレコーダーに入れました

私の為じゃ~有りません
第二喜楽会の生徒さん用です
4月中には全て書き上げるつもりです

もう一つ「鮑のし」も原稿完成しました
落語を始めて二年目のネタですが
自分の記憶を頼りに何とかオチまで掛けました

先生は忙しい??舞台は暇
こんな時こそPCと悪戦苦闘します
私にとっても新ネタに成りますから
これだけ仕上げれば今年の目標に到達します

新しい施設「明祥プラザ」

昨日は新しく成った「明祥公民館」(旧南部公民館)
に見学に行って来ました
明祥プラザ(公民館、支所、福祉センター、児童センター)
全てが出来た訳では有りません、公民館の会議室、和室
等は29年1月からです

新しい明祥プラザはとてもゆったりとした空間
全体に余裕が感じられました
こんな会場で教室が出来たら良いですね

と言うわけで、4月の予定です

9日「こども喜楽会」
13日「第二喜楽会」「喜楽会」
27日「第二喜楽会」「喜楽会」
以上教室

4月22日が「落語を聴いて学ぶエトセトラ」
の第一回の予定(受講生が集まらないと?)
募集が4月3日(日)
午前9時までに昭林公民館の2階大会議室に集まって下さい

安城市在住か勤務の人ぜひ参加お願い
これは落語文化教室ですね
4月はこれ以外に予定が決って居ません
暇です