第11回安笑落語会

日曜日は「安笑落語会」
わたしの1期生の皆さん+α
の形で昨年からですね、この形は

第11回安笑落語会
昭林公民館2階大会議室
14時開演

一、 寿限無・・豪遊亭海外
一、 転式・・・丈山亭参楽
一、 幾代餅・・原 長介
仲入り
一、 ろくろ首・・丈山亭芳楽
一、 壺算・・・・お好味家くろ姫
一、 王子の狐・・安祥亭小六

16時40分終演

11月22日の「喜楽二十周年落語会」への出演依頼
そんな事も有って開演一時間前に到着
すでに、宿六、駄らくは到着していました

開演30分前には60名位のご来場
最終的には120くらいは??
公民館中の腰掛けを集めて大変な事に

先日の東部公民館の高齢者教室の参加者も居て
「今日先生は、出ないんですか?」
色々な人に声を掛けて頂きましたが

私は元先生なのです

卒業生の会が盛大に行われて
嬉しい限りです
スポンサーサイト

第75回佐布里落語会

土曜は知多の佐布里落語会
会場「佐布里ダム記念館」
第75回佐布里落語会

年に2回です。38年目ですね

一、 煮売屋「無眠」
一、 稲荷俥「河太朗」
一、 たがや「巽家ポンプ」
一、 壺算「春丸」
一、 らくだ「月の輪熊八」
一、 仲入り(大喜利)
一、 川は、心の憂さの吹き溜まり「志ょ朝」
一、 さよなら動物園「喜楽」

6時開演、終演9時20分

第75回です。記念の会でも無いのに
過去最高のお客様がご来場
100を超えましたね
何しろ会場の「佐布里ダム記念館」がわかりにくい所に有る
それでもこんなにお見えになった理由
春丸先生がこの4月から忘小学校の校長に成ったから
これで佐布里落語会には二人の校長先生
教育関係者の人達がお客様に多いのです
若い先生がお見えになって華やいだ感じでしたね
知多ケーブル何とかさんが撮影して見えたので
放送されると思います
安城の私は見る事は出来ませんが

知多の方ぜひ見て下さい

東部公民館高齢者教室

木曜日は安城市東部公民館で高齢者教室
8時15分南部公民館で駄らくさんと合流
現地に向かう
舞台の準備、最後の打ち合わせ

9時30分開演

一、 黄昏亭駄らく「宗論」
一、 お好味家喜楽「長屋の花見」
仲入り
一、 お好味家喜楽「浜野矩随」

今朝中日新聞を読んで居ると一面下のコラム「中日春秋」
に落語の浜野の事が書いてあった

前日までは井戸の茶碗の予定でしたが
急遽「浜野矩随」に変更しました

まあ~稽古をしなくても大丈夫でした
二週間前にやって居ましたから

駄らくさんの宗論も良く受けて居たし

内緒の話ですが、来年のお話も頂きました
有難い事です

「喜楽会」

水曜の6時からは「喜楽会」
7月6日の「こうぼう寄席」に向けてと
その間にある、施設の慰問、また慰問

喜楽会は慰問で忙しいのです
私より忙しくしてたりしてます

五人のお稽古は順調に進み
15分前に終わりました

久しぶりにってネタの稽古が多かったですね

夏泥、夕立屋、たらちね、松山鏡、井戸茶

稽古の時はこう考えて居た
7/6の「こうぼう寄席」は
あい愛さんと、さくらさんの初舞台だから
駄らくさんを開口にしようと??
しかし「井戸の茶碗」をとネタ設定されて

あい愛さんと、さくらさんの気持ちを考えると

以下の様な番組が良いかと思います(決定では有りません)

一、 鮑のし・・・・喜楽
一、 鶴・・・・・・京家さくら
一、 猫に金魚・・・京家あい愛
一、 たらちね・・・香恋のこころ
一、 夏泥・・・・・藤家宿六
一、 猫の皿・・・・香恋の小梅
一、 井戸の茶碗・・黄昏亭駄らく

こんな感じが良いなと
お稽古をしていて思ったわけです

中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」

水曜日の午後は西尾市中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」
稽古は最終回の4回目

参加者六名
形に成って来ました
始め緊張していた皆さんも徐々に慣れて来て
参加者とも打ち解けて
7月1日のミニ発表会が最後なんですね

誰か一人くらい残ってくれると良いな~
それが無くても、落語に対する見方が変って欲しい

落語を楽しむ・・ぜひ楽しんで下さい

「みよし喜楽会」

水曜日今回も朝、昼、晩の三講座

先ずは「みよし喜楽会」
2階の和室に向かう階段で
さくらさんの笑い声が聞こえて来ました
相変わらず楽しそうです

今回は、鶴、猫と金魚の大事な所
手本に成るか?ね~?
私の喋りを二人で録音、録画

始めの地話の部分と、中身の大事な所

改めて自分の声を聴くのは嫌な物ですね
こんなに陰気な声なのか
そんな事言っても仕方無いです自分の声ですから

さくら「鶴」あい愛「猫に金魚」
7月6日(月)のこうぼう寄席に向けて
お二人共に気合も入って来ました

初舞台は楽しみでも有り
緊張もします
兎に角経験が一番ですから頑張りましょう

娘からのメッセージ

先日は父の日でしたね
娘から父の日の手紙が届きました
いわゆる「父の日メッセージ」ですね

要約すると
「落語は忙しいでしょう
私は(娘)はいつまでも
お父さんを頼りにしてるから
体調に気を付けて
健康診断を受けて下さい」

61歳から健康診断していない私です
奥様からも良く言われます
一度病院に行って調べて来て

7月中に行って来ます

可愛い娘に言われたから(笑)

猫の気持ち

猫の気持ち、奥様の気持ち
最近はペットに関する話題が非常に多く成って居ます

昨日も奥様が、猫の気持ちのテレビを見たんでしょう

「猫はね!とても懐いて居たと思うと
途端に豹変する事があるんだって!」

「なるほど、あなたと似て居ますね」

「でも、チャントその兆候は有って
サインを見落とすと大変な事に成るんだって」

「貴方の兆候を未だ見破って居ない」

「とにかくお客様が来た時の変化を感じた方が良いみたい」

「そうですか、それに関しては一応注意します」

どうしてこんなに、花子さん(我家の愛猫)と
奥様は似ているのでしょう
殆ど四六時中一緒に居る奥様と、花子さんは似る?

と、言う事は奥様も物凄く長生きをする

まあ~その時には私は居ないので関係ないか

「大府駅前寄席」

昨日は久しぶりに「大府駅前寄席」に出演です
この会は2か月に一度第三日曜に行われています
午後6時30分開演
木戸500円と有料公演です

大府笑学生・ルビー「狸賽」
微笑亭さん太「改訂版・寿限無」(さん太作)
お好味家喜楽「紙入れ」

米花家写碌「後生鰻」
川の家河太朗「猫の忠信」

大入りのお客様で有難い事です

名古屋から勝笑さんも来てくれました

又出たいですね

「こども喜楽会」

昨日は「こども喜楽会」
参加者は二名
さかい「蝦蟇の油」
乙女「道具屋」

いつものように、さかい君から稽古
久しぶりに「蝦蟇の油」をお稽古
原稿も新しいのを渡した
それを一生懸命読み直していたね
始めの言い立てを
心地よく言えるか
それが全てだから
一気に言い切る所と
間をおいて聞かせる所を
自分で考えるのが
一番大事だよ

乙女ちゃんはいちごちゃんが居ないから寂しそうだった
今日から少しは落語を意識した言い方を
出来る様にと言う事で
原稿に色々な注意書きをしたのを渡しました

家に帰ったてチャント読んでね
鉄瓶がどんな物か分かって居なかったんだね?
今で言うやかんが鉄で出来たやつ
先生は分かって居ると思い込んでいた

これからわ気を付けるね

それにしても最近は南部公民館に居る事が多い

館長さんは私が行くときに必ず見える

仲良くして頂いて居ます

地元の友達との飲み会

孫の誕生会が終わって家に帰る
そうそう携帯を忘れて行ったのだった

珍しく着信、直ぐに返信
地元の友達から飲み会の誘い
勿論喜んで参加表明

そして当日に家で、くすんで居るとまたまた友から電話
近くに来ているから帰りに寄ると

自分の存在が忘れられていない事を思う

そうです。誰からも誘られないそんな寂しい事は無いですから

夕方地元の炉辺に四人が集合
みな65歳の高齢者に成った

それを何とか克服しようと頑張って居るが
無駄な抵抗なのかな?
しかし何でも話せる仲間が居る事は有難い

これからも宜しく、長生き出来たら良いな
お互いに???

そう。お互いにお互いが長生きする事を
願ってやまない
こんな下らない会話をこれからもしたいから

16歳の祝い

孫の誕生日の昨日はみんなで食事

16歳の祝いです

こんな可愛い孫の存在は私に取って宝物ですね

宝物は幾つ有っても良いです

今年もそろそろ後半に掛かろうとしていますが
なんと言っても11月の二十周年が一つの宝物ですか?

決める事が多いし
それを調整するのも中々大変です

時々こんな事決めなきゃ良かったなんて思ったり
大きなイベントを開催する事がいかに大変か
思い知らされております

そんな中で孫の誕生日会は心が癒されますね
毎日勉強やプールやら
お友達と仲良くして

頑張って居る孫の存在が、私の励みですね

これからの落語会

これからの落語会

6/21(日) 午後6時半~
愛恵不動産2階事務所 「大府駅前寄席」木戸銭¥500
出演 米花家写碌 微笑亭さん太 お好味家喜楽 川の家河太朗

6/25(木)10時~
安城市東部公民館「高齢者教室」受講生が対象 
出演、黄昏亭駄らく、お好味家喜楽

6/27(土)18時~
知多市佐布里ダム記念館「佐布里落語会」 木戸無料
出演、竜宮亭無眠、川の家河太朗、巽家ポンプ
好色亭春丸、月の輪熊八、槍田家志ょ朝、お好味家喜楽

7/1(水)14時~
西尾市中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」ミニ発表会
非公開
出演、受講生の皆さん、黄昏亭駄らく、お好味家喜楽

7/3(金)10時~
刈谷市市P連女性研修会
非公開
出演、黄昏亭駄らく、お好味家喜楽

7/6(月)10時40分~
知立「こうぼう寄席」木戸無料
出演、喜楽会、みよし喜楽会

7/8(水)10時~
岐阜県可児市「高齢者大学」
非公開
出演、藤家宿六、鳩吹亭小寿慶、黄昏亭駄らく、お好味家喜楽

非公開が多いですね

「妻と夫の定年塾」

今朝の中日新聞を読んで居て
「妻と夫の定年塾」西田小夜子氏
毎週水曜日の連載です
毎回面白い内容なのでしっかり読むのですが

今日の話が面白かった
「女房の話は、どこがおもしろいのか?
話しの切れ目が無い、適当な相づちには
文句を言われる」旦那さんの思い

と、まあ~こんな内容でした

目の前にいた奥様をみて
「そのまんまだ」と納得

へえ~そうなのか!
女性は大変だよなあ~
世の中は色々あるんだね~
頑張っているんだよな~

これ位の相づちを打っていれば大丈夫

下手にその話を整理したり
正しい方向性を話したりすると
爆弾を踏むことになる

旦那は正論は言わない
正論を言うから旦那は長生きしない
奥様は長生きする

これが正論かどうかは解りませんが

??

のんびりとした一日を過ごした後は
何故か反省の一日に成ってしまいました
こんな事で良いのか、やる事が有るのに

いよいよ切羽詰まって来た講演の原稿
(腹の中では完成しているし)
チャントしなけりゃいけないんです
(腹の中では、いつでもOK)
今のままで良いのか
人間最後までこれで良い何て事は無い
ですから毎日工夫をしようと思って
思っていても前に進みません
兎にも角にもPPMのパフはチャント歌える様にしないと
録音して毎日聴くことに

現在の原稿で行ける所まで行って
覚えるべきは覚えて
間とかリズムも考える
こうやって書いて置かないと

ぼーっと

日曜日、何も予定の無い日曜日
取り敢えず、西尾のメクリ
残りを仕上げました
何かしっくり来ない
でも、もう日にちが無いから書き直す事も出来ません

納得するしか無いので良しとしましょう

21日の大府まで舞台も無いのです
奥様もお友達とお出掛けですので

家で一人でぼーっと過ごした

落語も一週間開くのでのんびりする事にしました

本当にのんびりしました

「第四回喜楽会落語発表会」無事終了

「第四回喜楽会落語発表会」無事終了しました
私が朝10時20分(集合時間は10時30分)に着くと
すでに全員舞台の準備の作業中です
一番乗りは,駄らくさんらしい1時間早く来ていたらしい
順調に作業も進み、写真も撮りました
腰掛を幾つ並べるか??悩みましたね
結局お客様(来場者)は何名だったの?
私の読みでは60台かな

13時30分開場・・・14時開演

一、 喜楽「あいさつと、さよなら動物園」
一、 こころ「紙入れ」
一、 小梅「人情八百屋」
仲入り
一、 駄らく「火焔太鼓」
一、 宿六「阿武松」

私があいさつで少し喋る過ぎた、予定を3分オーバー
しかしそれを全員でカバーしてくれたので
ほぼ予定の通り16時に終了しました

片付け。基本の通り現状回復
モップを掛け掃除機をを使い
これ又、予定に16時30分に終わる

和室でお茶を飲みながら、着物を畳む人
差し入れをみんなで頂き、そろそろ西尾の「山桜」
に移動、初めて別の場所での反省会

真に楽しゅう御座いました
高座の出来については一切触れず
会の成功だけを喜んで居るメンバーです

気持ちの良い疲れの一日でした

第四回喜楽会落語発表会

水曜日は三か所目の教室「喜楽会」
最近は本当に慰問の依頼の調整に時間が掛かる

これからは制限時間を作ろうか
まるでお相撲みたいですが

この日は今日の発表会
「第四回喜楽会落語発表会」に向けて最終調整の日

稽古は主任から逆に行きました

宿六「阿武松」
駄らく「火焔太鼓」
小梅「人情八百屋」
こころ「紙入れ」
牡丹「甲府ぃ」

牡丹さん申し訳ありませんでした
15分に成ってしまいました

阿武松に時間を取って仕舞ったのでした
最近の宿さんは力が入り過ぎて居ますね

もっと楽に出来なきゃ(楽にやり過ぎても注意されますが??)
特に橘屋善兵衛が錣山関の所に行った時
取的さんまで力入れちゃ駄目ですさらっとやりましょう

気持ちが入り過ぎるとこうなります
私も時々やっちゃいます
途中で修正出来なくなって
最後息切れ

今日に本番は大丈夫でしょう

お客様に楽しんで頂けるように頑張りましょう
今日は天気も良さそうだし

皆さん13時30分開場・・・14時開演です

一、 喜楽「あいさつと、さよなら動物園」
一、 こころ「紙入れ」
一、 小梅「人情八百屋」
仲入り
一、 駄らく「火焔太鼓」
一、 宿六「阿武松」
です

「落語を楽しもう」第3回

水曜の二つ目は
西尾市ふれあいセンター「落語を楽しもう」第3回

今回は木蓮さんが少し遅れて見えましたが
全員参加です。」皆さんやる気はかなりですね

メクリも書けて、今仕上げ中です
24日にはお見せできるでしょう
キリの理屈が中々分かってもらえない
難しいんでしょうか?

全員の稽古の後は
落語を楽しむ「人情話編」

浜野矩随・・26分位でしたね
駄らくさんが「師匠・・力が入ってましたね」
そんなつもりは、無いのですが

やっぱり何処かに、今回の生徒さんに
チャントした先生を感じて貰いたかったのかも?

13日の「第四回喜楽会落語発表会」に向けて
良いイメージを作りたかった

6月13日(土)14時開演(木戸無料)
安城市南部公民館2階・・芸能室
(0566-92-3521)

お誘いあわせてお出掛けください

佐良直美さん発見

今日のおまけ
朝、思いついて美浜の野間大坊に行きました

勿論、奥様も一緒です
「9時30分に出かけるから」
「分かったそれまでに支度するは」

今日は珍しく5分前に
「準備出来たわ、出かけましょう」

何んとか?ナビでたどり着きました」

朱印帖に書いて貰って居ると
「お父さん。佐良直美さんが居るわ」

確かに、二人は世界の為にの「佐良さん」

朱印帖を書いて居る方に
「佐良直美さん。ですよね」
「そうですよ」

私たちから見れば有名人です
私より5歳上で、今年御年70歳

出て野間灯台に向かおうとすると
佐良さん達も団体で、同じ方向へ

結局。野間灯台のまえの「カフェ・ノアノア」
に行きますと。あちらも8名の団体で入って見えた

結局声を掛ける事も無く
プライベートですもんね

「みよし喜楽会」

今回も水曜日は三つの落語教室

先ずは「みよし喜楽会」
四月に始まったのだから
三か月目に成ります

あい愛「猫に金魚」
さくら「鶴」

7月6日の「こうぼう寄席」が初舞台になる
目的意識が有るから頑張ろう・・・そう成りますよね
11月の私の二十周年にも前向きに参加

今回は二人に地話がお客様に伝えられるか?
自分の言葉に成って居るかを気を付ける様にお話しました

一月にみよし市の講座に参加して
四月からそのまま続けて来た訳です

やる気も、勿論感じますがそれよりも
楽しく出来て居る、安城市の南部公民館まで来る道のりも
「二人だからそんなに苦痛じゃないですよ」

そんな二人だから私の言葉には真剣に聞き入って居ます

私がこんな風に言って下さい
「モロコシ団子じゃない。もろこし・・今の中国の話だ」

「先生今の録音させて下さい」
「あ~~…機械持ってくるの忘れちゃった」

それじゃ次回に録音してください
「アイパッドで録音したら?」

色々な方法で私の見本を取りたいみたいです

ハイ。次回は録音されても良い様に稽古してきます

生徒さんがやる気だと、私もやりますよ


明和小学校落語クラブ

月曜日は明和小学校の落語クラブ
今年は三人ですが、担当の先生が若い女の先生で
生徒と同じ席で一緒に勉強するみたい(笑)
4(男)5(男)6(女)の三名です
人数が少ないので、楽しく出来そう
第一回だったので落語の基本、挨拶手の形、扇子、座布団の前後ろ

芸名、小話を選ぶなど説明して
最後に発声練習をした所で時間に成って終了

今年も発表会に向けてみんなと楽しく
クラブをやって行きます
この時点で私が指導する。した事の有る生徒さん
人数が120名に成りました

中日寄席

日曜日は「こうぼう寄席」が終わって片付けをして
(私は何もしていません主任で着替えに専念)
準備出来次第出発(中日寄席へ)
宿六さんもお手伝いに行くと言う事で
始終三人さんでレッツゴー
何とか開演30分前に着きました

準備のお手伝いに来てくれた皆さん有難う御座います

一、 黄昏亭駄らく「宗論」
一、 竜宮亭無眠「狸賽」
一、 鳩吹亭小寿慶「禁酒関所」
一、 若鯱亭笑天「みどりの窓口」
一、 お好味家喜楽「鹿政談」

駄らくさんの開口は決まって居ましただ
私は主任候補とだけ聞いて居たんですが
結果その通りに

今回は弟子の駄らくさんが初めて「中日寄席」に出ます
しかも私が推薦したわけでその出来は私の責任でもあります

普段に無い緊張感でしたね
応援に来た宿さんのきっとそうだったと思います
第一声は普段の通りに出来ました
何時になくお客様に反応も良く
途中からホットしながら聞きました
只、声が小さいと感じ、あとから出た無眠さんと
違い過ぎましたね

反省会で無眠さんの指摘を真摯に受け止めて
益々精進してください

兎に角私は恥をかく事も無く良かった

前にも言いましたが、私に取って
無眠師匠は私に取って神様だし
笑天さんは私の師匠
河太朗さんは恩人です

駄らくさんは、未だ伸びる要素が有るから
キチント言ってくれた事感謝しか有りません

宿さんもやりますか?
始めはかなりきつい事言われますけどね

兎に角中日寄席のお客様は凄いですね
笑いを求めて居ます
平成十年から毎月第一日曜に続けて来た
12×17は204回か?
少し前に200回記念が
やるのも大変ですが
有難いお客様です

6月7日(日)知立「こうぼう寄席」

「こうぼう寄席」
6月7日(日)10時35分開演(予定より10分早い)
毎回「紙芝居」の終わった後に準備して
その後余り間を空けるとお客さんが退屈するといけない

十尾出来次第開演にしようと思います

一、 藤家宿六「平林」
一、 木実家乙女
一、 喜楽家さかい「桃太郎」
一、 香恋の小梅「人情八百屋」
一、 黄昏亭だらく「宮戸川」
一、 お好味家喜楽「中村仲蔵」

終演12時10分
最近はお客様が一桁という事は無く成って
10名以上来ていただいている
出入りはかなりある
団体で抜けて行き、また団体で入って見える
3~4人のグループが多いですね
日曜の弘法さん最後の私の時で20名位の入りでした?

前日の「知立暮らしのニュース」に載ったらしい
少しづつ安定したお客様に成ると良いな

それには長く続ける事が大事だと思います

「こうぼう寄席」「中日寄席」

6月7日(日)はこうぼう寄席です
毎月行われている寄席ですが

先々月から、同じ会場(弘法公民館)で
マジック、紙芝居、音楽などがあって
その後に、我々の落語会と言うプログラムに成りました

落語の開演は基本10時45分から(毎回微妙に違います)
2時間弱です

旧の暦で21日なのです
ですから毎月日にちが替わります
日にちが変るのと開演時間が毎回微妙に違う

日にちが替わるのはまだ良いのですが
開演時間も変わったりする
おまけに、毎月と言うのは実に大変な事ですね

「楽語の会」では毎月と言う寄席が有りますね
名古屋の「中日寄席」です
今回は「こうぼう寄席」が終わると直ぐにこちらに向かいます

毎月第一日曜日で中日ビルの2階「憩いの広場」
特設の舞台を造って(この準備が大変)
午後2時から2時間弱
これを平成10年からやり続けて居るんですから
何回に成るのですか?

と、言う事で今日は梯子で落語頑張って来ます

「花子」の誕生日に思う

今日6月6日は我が家の愛猫「花子」さんの
21回目の誕生日です
人間で言うと何歳位なんでしょうね

娘が高校時代に、安城南高校近くの畑で拾って来ました
平成6年6月8日の事です
白い子と、黒い子の二匹でした
私のシャツのポケットに入るくらい小さかった

きっと生まれて二日くらいしか経っていないだろう

誕生日は6月6日にしたんです
白い子は1週間持たず亡く成ってしまいました
小さかったですから仕方が無いですね

黒い子は何とか育ち名前を付ける事に
私と、奥様と娘の三人がそれぞれ候補を挙げ

結局奥様の考えた「花子」に決まりました

順調に育ったんです、家の中で育てました
外には出さないように気を付けて居たのですが

娘の成人式の日でした
美容院やら、着付けやら家中がバタバタして居た隙に
花子が居なくなってしまったのです
その日はその内に帰って来るだろうと
所が二日経っても一週間経っても戻って来ません

家族中町内を探しました娘の友達も彼も
途方に暮れて居た時に、私が橋の側で
車に跳ねられた黒い猫を見つけたんです

「花子だ」そう思った私は家族には見ない方が良い
そう言ってそばの土手に埋めました

家族中が花子の死を思った泣いて居たのです
奥様なんか「ペット喪失症候群」に成って

所が花子が居なくなって一月ほどたったある日
家の庭に置いて有る車の下に黒い猫を発見
小さな声で鳴いているのを奥様と娘が見つけ

まさかと言う思いで側に行くと
どう見ても「花子」にみえる

でもお父さんは車にひかれて死んだと言ってたし

でも「花子」だ
それは紛れもなく「花子」でした

私は家族や娘の友達からも
「あの涙を返して下さいと」と言われ

その日から私の言う事をみんなが
信用しなくなったのです

その「花子」が21回目の誕生日を迎えたのです

講演の原稿

6月1日に講演の原稿を仕上げる予定でしたが
一向に進みません
それでも昨日はPCに向かって右往左往

少しは進み70%位には
原稿としては良くても、講演するとなると
もう少し笑いが欲しい

伝える為には聞き手に、聴こうと思って貰わないと
自己満足では駄目でしょうからね

物書きには向かない?
何をやらせても中途半端で
今はネガティブに成っている
こんな時に努力しても仕方が無い
そう思って休み続けて居たのですが

一月を切ったので何とかしよう
それも無駄でしたね

6月半ばまでには何とか成るでしょ
そう。少しいい加減な方が良い

真面目過ぎると本当に疲れます
(元はいい加減な人間だと思うけど)

ギャンブル好き

日本人は特に男性は賭け事が好きですね

日曜日には日本ダービー成る物が有りましたが

NHKさんが放送するくらいですからね

皆さんは何をやりますか
競艇、オートレース、競輪、競馬、パチンコ
麻雀なんかも賭け事の一つだった、昔は良くやった
今はあまりやりませんね

ゴルフの方が賭けてやるみたいです
(私はゴルフやりません)
麻雀は今はスポーツ麻雀とか言うのかな
お婆さんたち、失礼妙齢の御婦人たちの間で流行っている

生涯学習とか福祉センターで麻雀教室が有るくらいです
私が思うのに麻雀って余り健康的では無いと

我が家にも麻雀牌は有りますが長い事使って居ません

私のパチンコ歴は、今だから言えますが
高2時からですか、親父と一緒に行ったのがきっかけでした
昔の親っていい加減だったんですよ

パチンコは娘が高2の時に止めました

あと競艇・・これも18歳の時に
車のラリーで常滑方面を走って居た時
リタイヤして、常滑競艇に行ったのが始まりで
40歳でドラムを始めるまで22年やって居ました

浜名湖競艇に三国、琵琶湖に津
勿論蒲郡競艇も長い事賭け事をやり続けて

やらなくなって25年です
やる暇が無く成ったのが一番の理由ですが
無駄なお金を使っていたと思います

何です??着物や道具にお金を使うのも無駄
そんな事は有りません?
きっとそうです

孫と回転寿司

美味しいかどうかは別ですが
回転寿司は好きで時々行きますね
昨日も頭に皿の載った店に行きました

カウンター席に座ったのですが
向かいのテーブル席でお婆ちゃんが
孫二人に穏やかな口調で注意をしています
お孫さんは年長か小学校低学年位かな
聴くとは無く聞こえて来たのが
二人なのにプリンを三つ取ったみたいですね
「なぜ二人なのに三個あるの?」
もう知らないから
「もう三人では二度と来ない」

子供達の反論は全く聞こえてこない
只ただお婆ちゃんの怒りの声
それでも穏やかなんですね
「もう二度と三人では来ないから」

三回、イヤ四回聞こえて来たかな
それを聞いてた内の奥様に反応が◎
「私がが岡崎の孫を連れて来た時と同じだわ~~」
「でも私の時はいつもお父さんが一緒だから」
「でも、お婆ちゃんの気持ちも分かるは」

お婆ちゃん、余りお孫さんを怒らないでね
三つのプリン一つは土産にしてあげてね

歯科医院に通う

歯の具合が宜しく有りません
先日食事をしていると何か硬いものが
食品に異物混入か?と思いのほか
小さな四角い石に様な物が
右の奥歯の上・・・穴が開いている
それが抜け落ちたんです
歯に穴が開いて居ると物が食べにくいですし

ここの所歯医者さんとの縁が切れない状態が続いています

この半年今一つ美味しく食べられない日が続いて居ます
しっかり噛めていないので胃もすぐれません

昨日も焼肉が??少し食べたら歯が痛み

歯は本当に大事ですね
気持ちまで落ち込みますから
落語まで影響をうけてるみたいで

滑舌が良くありません
(元から悪い!!)

あ~~~美味しいものが食べたい