「こども喜楽会」

土曜は「こども喜楽会」

さかい「桃太郎」
いちご「ちりとてちん」
乙女「道具屋」

相変わらず女の子はお喋りですね
二人一緒だと余計にそうなるんですかね?

お稽古よりも楽しそうです
月に一回のお稽古なんで
何とか長く続けて行きたいですね

さかい君には細かい指導をしている
小学生にはそんな事は言いません
何故なのかって事も説明しました

伸び伸びと元気よく
それがお客様に伝われば良いんです
其の為にも、練習はチャントやりましょうね

そこの二人「笑って誤魔化さないように」
スポンサーサイト

一日に三か所

水曜日は教室の三連ちゃん
夜は「喜楽会」
五人全員参加です
この日は兎に角決める事が多かった
それだけで40分ほど時間を費やした

稽古は前回最後だった宿さんから

宿六「阿武松」
こころ「紙入れ」
小梅「人情八百屋」
牡丹「甲府ぃ」
駄らく「親の顔」

一人25分で始めましたが
駄さんが俺の分を宿さんにあげる発言で
「阿武松」は最後まで33分
友情の証か???

今回は小梅さんの人情八百屋を
出来はチャントしている
ただ相変わらず右を向いた時の姿勢が
どうしても傾いてしまう
癖なのか、なかなか治らない
中身がチャントしてくると余計に気に成る

後は平助の気持ちの変化とか
特に強調すべき時は
感情を全部出しても良いと思う
この辺が落語の難しい所で

やり過ぎると聞いて居る人に不快感を与えてしまう
この辺はその時の会場のお客様をどう掴むかですね

発表会に向けて気を引き締めて行きましょう

ブログのランキング

水曜日の午後は西尾市春期講座「落語を楽しもう」
2回目です。全員です。八名参加

芸名発表

永頃家 夢雀(えいころや むじゃく)「ヤブ医者」
香恋の 笑操(かれんの しょうそう)「山芋」
横縦亭 十文字(よこたてい じゅうもんじ)「定期健診」
京家 木蓮(きょうや もくれん)「耳が悪い①」
犀俤庵 湛山(さいていあん たんざん)「さる」
香恋の 美々安(かれんの びびあん)「豚と酔っぱらい」
香恋の 米子(かれんの よねこ)「金づち」
香恋の 籐子(かれんの とうこ)「うなぎ」

小話も芸名も決まって、初めての稽古
やはりみなさん緊張されたみたいですね
こんな事をするはずじゃなかった
そう、言いながらも楽しそうでしたね

ネタ・・・覚えて来て下さいね

参加して方達が良い感じで打ち解けてくれそうです

ここで余談ですが
ここのブログのランキングに参加していますが
水曜日に初めて(お笑いのジャンル)98位
初めての100位入り
そして昨日は72位
更に落語のジャンルで9位
これ又初めてのトップ10入りでした
毎日日記を書き続けて来た効果ですかね

皆さん覗いて下さって有難う

「みよし喜楽会」

2週間ぶりに一日に三つの教室
先ずは午前の「みよし喜楽会」

さくtら「鶴」
あい愛「猫に金魚」

さくtら「鶴」
あい愛「猫に金魚」

受講生二人なので毎回稽古は二回です

二人の進歩の速さに驚きを隠せない
きっと二人はそんな事は感じて居ないでしょう
でも、駄さんも私も何かぼんやりと感じたのです

私は教室を始めて十六年です
経験はそれなりです
一応解って居るつもりです

楽しく出来て居るのが一番なんですが?

ひょっとしたら私の指導が見違えて良く成ってる
そんな事は無いですよね???
いや~~^ひょっとしたらそうなのかも

17年目ですから

その効果が出て来たのかも
そうゆう事でしょ

高砂会

5月26日(火)御幸桜町高砂会
老人会の総会です
会場は安城市文化会館講座室
9:30~総会
10:00~落語会

一、 宿六「反対俥」
一、 こころ「紙入れ」
仲入り
一、 駄らく「宗論」
一、 喜楽「井戸の茶碗」
11:30 終了

とても暖かい会場で、演者一同楽しく出来ました
生の落語ってお客様次第な所を強く感じました

終了後お馬鹿三人組でコメダへ
何故か今日は私の二十周年の事ばかり
駄らくさんのキッチリした性格が遺憾なく発揮されて

準備は間違いない様にしっかりしましょう
すでに色々な考えが有るみたいですね

流石に世話人さんだけ有って頼りに成ります

人間の幸福度

幸福度の調査
人間だからこんな調査するんでしょうね
動物はこんな事思いもしないでしょう
100人居たら100通りの幸福が有って良いのでは

良く周りから喜楽さんは幸せですよね!!
って言われますけど?
それってどうゆう事ですか
貴方みたいに好きな落語をして
生徒さんも沢山居て
色々な所から依頼が来て
本当に幸せですよねって

他人の苦労も知らないで、好きな事言いますね

「本当に幸せです」
お蔭さまで周りにも恵まれて居ます
本当に役に立つ弟子が存在しますから

それだけで、幸せなんです

イヤ。そんな事より幸せだと思える自分が幸せ
先ずは両親に感謝、奥様に感謝
子供達に孫たちに感謝
私の周りの人々にも感謝です

深い意味は有りません
感謝出来る自分が居るから
それで良いんじゃないの
金銭とか、名誉とか、そんなのは縁がありません

自分らしく生きるに足りる物は充分有ります
それ以上を望みません(いや少しは欲望有るのかな)
無いと思います
そんな人生です

皆さんは幸せですか?

以上が私の幸福調査でした

講演の原稿

7月3日に向けて講演の原稿を書き始めました
6月の初めには完成させて
講演1週間前には確実に物にしておかないとね
どうせ完成と言っても未完成
読み込む度に修正を加える事に成ると思います

挨拶の後に駄らくさんとの出会いに付いて
色んな人が登場するので如何に解り易くするか

次が私と落語の出会い、そのきっかけを作ってくれた人
楽語の会の砂九さんの存在
安城市の生涯学習課の正木さん
知立市老連の岡田会長

中電での初めての公演
落語教室で出会った生徒さん達
子供達の事もね

稲沢で実際に体験した出来事
そして講演の日の向けての出会い

そして最後に会場に向けての言葉

構想としてはこんな感じで行こうと思います
今現在は?私の事だからどうなるか解りませんけどね

赤目の剪定

本日は赤目の剪定の日です
四日ほど前にこの日にやりましょうと
奥様のご命令が出されておりました

6時5分前に何とか目が覚めたので
6時10分に作業開始です
2週間ほど前に小雨の中で始めたのですが
途中本降りに成って中止をした経緯が御座います

天気予報も上々なこの日は
最後まで作業が出来ると

始めると田舎の事です
必ず声を掛けて来る散歩中の近所の人たち
皆さん立ち止まってお話をされますね
8時少し前に朝食を取り少し休憩
再び作業開始、この時点で後は片付けだけ
9時40分には道具を片付け
枯葉もゴミ袋に入れ、はさみの手入れもして
全て終了
この間「花子さん」も庭に出して天日干し

家族総出の楽しいひと時でした

「みよしシニア講座」

5月22日「みよしシニア講座」
9:30~11:30(103会議室)

落語を楽しもう

講座について(担当職員)

一、 駄らく「元犬」
一、 喜楽「落語の楽しみ方」「老婆の休日」
一、 休憩(仲入り)
一、 小梅「金明竹」
一、 喜楽「浜野矩随」
お手伝い・・あい愛さん

受講生は30名ですが、欠席者が3名ほど

昨日はチョット力技が必要でしたね
まあ~こんな日も有ります
気持ちの切り替えをして次に繋げましょう

次は26日の文化センターですね
本気モードで行きますよ
いつも本気ですけどね

お天気に左右

今年の梅雨は遅く成るとか夏が短い?とか
私ども落語の発表をしております者にとって
お天気は気に成ります
勿論ご商売の方なんかは切実なんですね
季節ものかき氷、冷麦、冷やし中華等々

私どもの企画する落語会は無料です
お天気が悪いと出足が鈍ります
かといって良過ぎても不味いんですね
パラパラ降って居るくらいが一番良いんですね

有料にした方が集客には良いのですが
お金を取って良いレベルなのか?
はなはだ難しいのが現実です

私の所属している「楽語の会」は
殆どが有料公演。もっとも500円とか800円ですが
実際に有料にしてからの方が集客が安定しています
お客様の期待感と、ともに出演者の責任感が違うのでしょう

喜楽会が有料公演が出来るのは何時に成るでしょうか?
200円とか300円を目標にしますか???

「こども喜楽会」の参加者を募集

「こども喜楽会」の参加者を募集しよう
そこで「安城ホームニュース」さんに
記事のお願いをしました
以前編集長さんに良かったら、載せますよって
言って貰って居ましたので、会社に直接お願いに

生憎他の取材でお留守でしたが
先日の「こうぼう寄席」の取材にみえた
知立暮らしのニュース担当の方に
お話をさせて頂きました
乙女ちゃんといちごちゃんが中学に入るまでは
頑張って行こうかな?と

今年は何かと忙しい事に成りそうです
舞台の方は少しずつ減らして
教室は今までの様に続けて行きたいのです

二日目

二日目の月曜日は朝6時に起床
お風呂に、誰もいない独り占めだ
朝食の後は二人で散歩
森林公園の中の散歩コース
途中で寄り道、かなり険しい階段を下りていくと
湿り気を帯びた空気感、奥様のお言葉
「私の嫌いな物が出て来そう(蛇)」
「これ以上は前に進めない」
急な階段を引き返す
普通の散歩コースに戻って
空中散歩と名前の付いた吊り橋に
さっきの急な階段で少し疲れて居たので
吊り橋を渡って、引き返す事に

研修施設を出発
近くのお寺へ「岩水寺」後醍醐天皇ゆかりのお寺らしい
中々立派なお寺さんですね
奥様は朱印帖を持参して来たので記帳

ここから浜松西インター
浜名湖サービスエリアで休憩
お土産も買って、全て順調に進む
自宅には14時に到着
「花子」さんの顔を見て、何故か一番幸せな気持ち
家族なんだなあ~

一日目

日記の続き
日、月とフィルダーに乗って
初めての泊りでしたが行きは23号で
豊橋から1号、フラワーパーク港に向かって一路

途中、JA食彩館(豊橋)に寄って
これがむちゃくちゃ混んでいる
休憩代わりに寄ったのですが
余りの混みように中でなにかを買いたくなりました
結局おにぎりと、焼きそばをゲット
これが後で役に立ちました
そこから一目散に港へ、
12時15分発の60分コース
お客は少なかったけど、ゆったり出来ました
ここで先ほどの焼きそばとおにぎりをゆっくり頂きました
船上案内を聴きながら
周りは若いカップルがお互いの写真を撮っている

あの状況で奥様は撮れない
その代りフラワーパークで
花に囲まれた奥様を取りました
(とても嬉しそうな、笑顔)

森の家には15時30分位に着きました
お風呂に入って6時30分から夕食

これが・・・美味しい
館内で使用できる金券が500円×2
二枚ともに私の生ビールに使わせて貰いましたい

最近私め、かなりお疲れです
夕方8時には天国へ
一日目無事(?)終了

森の家、研修施設

昨日は奥様と二人で浜松の森林公園の中にある?
森の家、研修施設に宿泊
浜松フラワーパークと浜名湖の遊覧船のセットのチケット購入
遊覧船は初めて乗ったんですが、お客様が10名と少し寂しい
フラワーパークは遠い昔一度来たことが有るような
曖昧な記憶しか有りませんが、お客は大勢でした
両方合わせて2時間くらい楽しませて貰いました

浜松市。60周年を記念してこのフラワーパーク
と動物園を作ったんだそうです
森の家は静岡県が運営しているらしい
食事も良かったし、職員もとても感じが良かった

奥様が又来たいと、仰っていましたが
私と来るかどうかは?

地元の小学校の運動会

先日、地元の小学校から運動会の案内状が届きました
落語クラブの顧問の私に
毎年届きます「卒業式」「運動会」「公開学芸会」
一般とは違い正門から入って駐車出来ます
普通は、町内会長、老人会長、交通指導等
本当に学校の為にお役に立つ人が招待されるのです

私も61歳から、クラブ活動の顧問をさせて頂いて居ます
当時はまだ孫娘(今年から高校生)が6年生で在籍していたので

爺ちゃんがクラブの顧問に成って恥ずかしくないか、聴いた事を思い出します

「良いよ~」と明るい声で答えてくれて

爺ちゃんも少しは地元のお役に立ちたいからな

本当に役に立っているのかどうかは?

校庭に横を車で通った時に見ました
運動会の練習をしている子供達
元気に大きな声で頑張って居ますね
先生たちも大変だな~と思いながら

練習の成果を見学に行こうと思います

一日に三か所はキツイ

水曜日は教室の3本立て
「喜楽会」
5名全員参加です

小梅「金明竹」
こころ「紙入れ」
牡丹「甲府い」
駄らく「井戸の茶碗」
宿六「阿武松」

6月13日の発表会に向けての打ち合わせ
プログラムの作成
集合時間、鏡の隠し方、そして大事な打ち上げの場所

色々な雑談の後、お稽古開始

この日は何と言っても久しぶりのお稽古
牡丹さんの甲府い・・24分
前半から中盤まで私の原稿に忠実に
残り10分位から少しバテタかな
それでも完成度の高いお稽古に成りました
注意するべきところと、自分の一番好きな場面
両方を大事に、只良い話じゃない、落語として
完成を目指して下さい

この日は是だけで有意義な時間でした
イヤ他の人のコメントを省いたんじゃ無いです

発表会頑張りましょう

中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」

水曜の午後は西尾市春期講座
中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」
の開講式でした。応募者8名で一人欠席

主催者の講座の当番等の説明

私と駄らくさんのあいさつ

まずは発声練習。これで皆さんの一体感を作ります
早口言葉が一番面白いみたいです

皆さんの、講座参加の理由

先生の落語が楽しめるからが圧倒的に多く
「小話をやるなんて思って居ませんでした」
「でも、参加したので頑張ります」

資料①について説明(キリ、登場人物と歴史)

皆さんの小話を決める
(事前に選んで頂いている)
調整して、決めました
「ヤブ医者」「山芋」「耳が悪い①」「さる」
「豚と酔っぱらい」「金づち」「うなぎ」
欠席の方は次回に決めたいと思います

休憩の後は私の落語
浜野矩随をやろうと思いながら、1回目なので笑いを求めました
小話~デジタル父さんへ無理やりつないで「宮戸川」で30分

次回は駄さん+私で行きます

参加の皆さん少しは覚えて来て下さいね

「みよし喜楽会」

水曜日の「みよし喜楽会」
ネタの稽古は今回が2回目です

さくら「鶴」
あい愛「猫と金魚」

稽古が始まる1時間前に来て自己練習
その最中に公民館に着いて
大きな笑い声が聞こえてきました
楽しそうですね、この二人は

長く続けるにはこの楽しいが一番ですね
始まると直ぐに駄らくさんも到着

落語の表現に付いて少しお話しました
二人共に向上心が凄く有りますね

さくらさん。ネタが入って来ました
前回の三分の一位から、ほぼ最後まで行きましたね
初めて8分くらいの話に挑戦して(講座の時は1分弱)
この長さをクリアすれば次は12分ですね
とても気合が入ったお稽古が出来ました

あい愛さん。セリフを覚えて次の段階に成りました
ここからが中々大変なんです
セリフは頑張れば覚えられるけど
お客様にそれを伝えるのは難しい
一つ一つコツコツが大事です
慌てずに今のペースで行きましょう

二人共にやる気が伝わってきます
私も負けないように次のネタを仕込もうと
思ったのでした

春の運動会

昨日、地元の小学校から運動会の案内状が届きました
落語クラブの顧問の私に
毎年届きます「卒業式」「運動会」「公開学芸会」
一般とは違い正門から入って駐車出来ます
普通は、町内会長、老人会長、交通指導等
本当に学校の為にお役に立つ人が招待されるのです

私も61歳から、クラブ活動の顧問をさせて頂いて居ます
当時はまだ孫娘(今年から高校生)が6年生で在籍していたので

爺ちゃんがクラブの顧問に成って恥ずかしくないか、聴いた事を思い出します
「良いよ~」と明るい声で答えてくれて
爺ちゃんも少しは地元のお役に立ちたいからな

何時まで続くか解りませんが
頑張って行こうと思います

半田末廣寄席

5月10日(日)半田末廣寄席
10時開演

一、 写碌「延陽伯」
一、 喜楽「さよなら動物園」
一、 小寿慶「花筏」
一、 さん太「お伽村」
一、 志ょ朝「そば清」
ご来場者43名様

私は一部の二番手で出ました

昼から第二部も有ったのですが
母の日なので90歳のお袋の顔を見に

二部の開口の楽馬さんの「色事根問」
までみて失礼しました

前日から3か所目なので、もうお腹一杯でしたしね

久しぶりに小寿慶さんにも会えて
7月の可児の高齢者大学のお話も出来ました
その時は宜しくお願いします

楽しかったですが??
さよなら動物園??未だ60点くらいの出来なのです

後5,6回は舞台に掛けようと思います
土曜日曜のお客様にはチョット申し訳ない気持ちですね

明栄寺蓮如祭り

土曜はもう一つ、落語会「一色。明栄寺蓮如祭り」
駄らくさんの旦那寺のイベントです
昨年は、駄らくさんが一人で受けたのを
今年は私と二人での参加

12時に弘法公民館を出て、一路明栄寺さんへ
何とか13時に到着
私たちの落語はご住職の「有難いお言葉」の後です

15時15分開始

駄らく「時そば」
喜楽「老婆の休日」

とても暖かい会場でした
私の時にご住職と、息子さんが食い入るように
見て居らっしゃったのが、とても印象的でした

お抹茶を頂いたり楽しいひと時でした
お手伝いに来てくれた、宿さんご苦労様
客背に熱心にお聞き下さった檀家の皆さん
有難う御座いました

又来年も呼んで頂けたら良いな

5月9日土曜日「こうぼう寄席」

5月9日土曜日「こうぼう寄席」
今回から様子が随分変わりました
同じ、弘法公民館で
一部・マジック、ハーモニカ、紙芝居
二部・こうぼう寄席
初めてこの構成でやります
9時30分に始まって
10時30分に一部の終了
と、まあ~予定道理には行きませんよね??」
と、思いの他10時35分に終わりました
直ぐに準備をして
10時40分に落語会「こうぼう寄席」の開演です

今回は喜楽会とこども喜楽会のコラボです

一、 黄昏亭駄らく「親の顔」
一、 木実家乙女「道具屋」
一、 笑窪家いくら「堪忍袋」
一、 喜楽家さかい「桃太郎」
一、 お好味家喜楽「さよなら動物園」
一、 香恋の小梅「蝦蟇の油」
一、 香恋のこころ」「紙入れ」
一、 藤家宿六「反対俥」

久しぶりのこども喜楽会の参加で
疲れました。しかも私の「さよなら動物園」はネタ下し

それでも私の前のさかい君が成長した姿を見せてくれた
ので、私のネタ下しが何とか形に成ったと思う

全体にお客様の出入りの激しさが気に成りましたね
まあ~弘法大師さまの御命日に開催するので仕方ありません

知立のホームニュースの取材が有りましたので
いずれ記事が載ると思います

知立の皆さん参考にして下さい(参考に成る?)
それはその人その人で違います
まあ~折角記事に成るんで・・・そうゆう事です

自分の人間性

自分の人間性なんて考えた事有りますか

自分を評価する事の難しさ
元々自分には重みが無い、人間が軽い
そんな風に思って居るのだが

内の奥様も「お父さんは優しすぎて、
それでもって重みが無いね」
常々言われて居ます

喋らなければ良いらしい
男のお喋りは余り立派な者じゃない

言葉の多さがいけないらしいのだが
まあ~確かに自信の無い人ほど良く喋るらしい
自分を言葉で飾って誤魔化そうとする
当たって居るかも知れませんね

でも無口な落語家も嫌ですしね
軽いから落語をやってる

他に認めて貰える事が無いですからね

日々自分を嫌だなと思いながら生きて行くのもね

世間様はどんな風に私を見て居るのだろう

そんな事を気にしながら
今日も落語会に行って来ます

またまた「さよなら動物園」

またまた「さよなら動物園」の話
結局毎日の様に原稿を作り替える作業に成った
苦悩してます。昨日木曜も手を付けた
参考すべき原稿は是で4作目だ

なぜこれほど納得できないのだろう
本ネタは13分程度に成った
これぐらいが一番使い勝手が良いと思う

取り敢えず土曜の「こうぼう寄席」で答えが出るか
嫌「こうぼう」のお客様で判断できないかも
午後の一色のお寺で試すのは危険だし

久しぶりだ1週間でネタを覚えるのも
一日に10回ぐらいネタ繰りしている
チョット喉もお疲れ気味

でも何とか間に合わせたいと言う
気力も充実しているのです

土曜日をこうご期待

大学進学

私は高校しか出て居ないから
大学入試の経験がない
経験が無いってのは、辛いですね
その内容の話に付いていけません
落語は、世の中の事浅く広くが良いのにね

何でも経験をして置くと将来何かの役に立つ
大学は特に私立はお金が掛かるので
そんな無駄なお金を使ってまで、行く必要が有るのか?

必要が無いとまでは言い切れません
人生の中で無駄も必要です
それに無駄とも違うと思う
青春時代の思い出にもなるし
色んな友達が出来る
とても大事な事だと思えるんです

馬鹿田大学に入ってもしょうがない
アリスのどなたが大阪のピンク大学を出た(桃山大学らしい)
そのことをしばらく伏せて居たと
余りに恥ずかしいレベルだからとか?
勿論冗談で言ってたんすけどね
この話を本気で聞く人も居ないでしょうが

大学を出て居ない私に取って
只々羨ましい事なんです

「さよなら動物園」のネタ繰り

ゴールデンウイークの中子供の日の昨日は
仕事に行って来ました
最後の御奉公のつもりで頑張りたいのですが?

職場に一人っきりなので
短くした「さよなら動物園」のネタ繰りをしました
11分で終わって仕舞った
削り過ぎですね
もう一度原稿練り直しです
枕入れて18~20くらいにしたい
こうぼう寄席は時間が無いので
こいつでやって
半田の末広は中間バージョンにして
佐布里は一応主任なので
22~3分にします

何にしても色々な形で出来る様に工夫します

不審電話か?

不審な着信
0298623155・・どうも茨木らしい
昨日の午後5時前
着信だけで(不在記録なし)
元より気が付かず
不在記録が無い事
自身全く気が付かなかった事
不審な着信です

時々見知らぬ番号から電話が有るのです
全く知らない電話番号から依頼が来るので
着信が有れば直ぐに返信するのだが
何か気持ちの悪い番号何で
返信することを止めた
結局再びかかってこないので不審電話確定

敬老会の依頼をされる年配の方や
老人会の役員さんからの電話は
要領を得ない事が時々ありますね
何を言いたいのか
良く分かりません
気長に根気よく伺う事が必要なのですね

何か用が有るならきっと又かかって来るでしょう

津島藤まつり

我が家のゴールデンウイーク
5月3日日曜日
ウイークじゃ無いですデイです

本来ならばマラソン落語会で行くべき津島藤まつり

前日の日曜に奥様と行って来ました

朝7時30分自宅を出発
前の日から、この時間だけはチャント守ろう

実際に7時30分に出発
これと言って渋滞も無く
8時40分に「天王川公園」の駐車場に到着

さあ~楽しい一日の始まり始まり

肝心の藤はもう終わりに近いのかな
房も小さいような、全体に少し小さい様に見えました
木の年齢何ですかね?
前回来た時はもっと凄かったように思う

そうそうお化け屋敷も無かった
楽しみにして来たので少しがっかり!

駐車券に300円分の買い物券が付いて居ました
何に使うか考えながら

藤をみて、津島神社におまいりをして
お隣の弘法大師をお祭りしている
???なに寺だったかな

いい加減なお参りですね
御参りの最中でした
奥様が「私も皇后様の様に優しい言葉でお父さんに話しをします」
私が「まあ~30秒も続けば良いけど」
「30秒も続けば充分でしょ」
「ハイ。ごもっともです」

落語と同じで夫婦の力関係が解ります

何んと言っても、ゴールデンウイークの私の義務は
努めは無事に済んだと思います

そんなこんなで、マラソンは出演不可に成ってます

こども喜楽会

こども喜楽会
9日の「こうぼう寄席」に向けて最後の調整

ここの所いつも、何とか君からの稽古

さかい「桃太郎」

乙女「道具屋」

いくら「堪忍袋」

さかい君の桃太郎も形に成って来ました
随所に工夫をしている
全体的に及第点って所か?
何処かツボに成るようなところが欲しいな
完成は近いと思う

乙女ちゃん
喋りのテンポが速い
特に地話は早いね
セリフに成ると落ち着くんだけどね?
未だ初めて1年3か月なんだね
それでも続けるって?落語が好きなんだ

いくらちゃん
山田さんの奥さんなんか良いよ
お爺さんやお婆さんも、意識して演じられる様になった
先生から見るといつまでも子供なんだけど
色々観察して表現できる様になったんだね

いちごちゃんはお休み
ゴールデンウイークなのに
みんな集まってくれた
楽しい時間でした

ゴールデンウイーク

世間様はゴールデンウイークですが
私はカレンダー通りなので
今日から5連休です(間1日仕事に行きます)
今月半ばまでは、仕事もそれなりに忙しいのです

それを過ぎるといよいよ、安定してのんびりと出来そう
仕事では無くてアルバイト感覚に成ります

いよいよ本格的に人生を楽しめるかも?

でも、しかし考えてみると私も一般的な平均寿命だと
後15年しか無い、その中で楽しめるってのは?
10年有るかな、無いか程度

まあ~そんな事気にしても仕方がないですね

13日からの西尾中央ふれあいセンター「落語を楽しもう」
参加者9名?10名かも
どんな方が参加して下さるのか?
ワクワクします(これが長く生きる秘訣)

この先も落語教室を続ける事が大事なんですね
(駄さん。宜しく)(口演の方は宿さん頼むね)