お稽古

今日で夏休みも終わり
私なんかは宿題の期限ぎりぎりまでやっていた
9月第1週が勝負でしたね
最後は何とか間に合わせて居た記憶が有ります

そんな事より営業の稽古をやらないと
体調は少しずつ良くなって来たので

明日からやります明日から
相変わらずいい加減な
スポンサーサイト

可愛い寝顔です

又また岡崎の孫が遊びに来ています
夏休み3回目です
今回は1日しか泊まりません。今日帰ります
2回はマーメードパレスでしたが
今回は夫婦が風邪ぎみなので無理です
孫二人は行く気満々ですが何とか諦めさせないと
今5年生の孫がいつまで内に遊びに来るのか
あと一年かな?中学に成ったら来なく成るのでしょう

今朝は寒いのか布団をチャント掛けて寝て居ます

ひまわりは中止次は知立市文化広場

豊明市民大学「ひまわり」
は結局参加者が少なく中止となりました
残念ですが決まりですので仕方ないです

9月1日から募集の始まる
知立市の講座に期待しましょう
折角企画して頂いた講座なので
どちらも駄目となると流石に辛いですからね

知立市ホームページの
インターネット広報に載ってます

落語にチャレンジ土曜日 13:30~15:00
募集人数15人教材費1,000円(10回分)
今、話題の落語を演じましょう。初心者の人大歓迎。
経験豊富な講師が基礎から丁寧に指導します。毎回講師の落語も楽しめますよ。
講師・お好味家喜楽

日程 10/11・25、11/8・22、12/13、1/10・24、2/14・28、3/14

会場は知立市文化広場

知立市在住、在勤在学の高校生以上の人

体験「喜楽会」

「喜楽会」体験講座
何とか行きました
声は相変わらずでしたけどね
野口さん(男性)山岸さん(女性)二人の方が参加です
自己紹介、発声練習、早口言葉、基本の掛け合い
短い小噺を覚えて来て下さいと
メンバーの稽古を見学

牡丹「井戸の茶碗」
ここ2回ぐらい前から
無理に力を入れる事無く
自然な言い回しに成って来ました
それがとても良い,真面目で一生懸命な所が
この話にピッタリです

小梅「松山鑑」
福祉センターのネタ
全体に安定感が出てきました
後はお代官さまを
形をキッチリそして遊ぶ

こころ「ちりとてちん」
こうぼう寄席の為に無理やり仕上げた
これから細かい所を一つ一つ直して
季節ネタとしてしっかりした形に仕上げて行きましょう

駄らく「火焔太鼓」
今までの中では一番聞きやすい話
駄さんも無理なくやって居るのか?
スーット私の中に入ってきました

宿さんはお休みです

症状

日常生活には支障ないですけど
時々激しくせき込みます
声がいかにも風邪ひいてますって

無理しない方がいいですので
周りの皆さん優しくして下さい

未だに治らず

夏風邪が治らず
日記はしばらく休憩をします
「風邪なんか?と思うな風邪は万病のもと」
皆さんお体だけは気を付けて下さい

幼い頃の事

小学校に上がるまでに6回も引っ越しをした
記憶に残っているのが
碧南の西松江の叔母さんの家(お袋の一番上の姉、私たち夫婦の仲人)
どんな間取りだったかまでは覚えて居ない
次が今住んでいる根崎(お袋の実家)
兄貴はここで1年生まで過ごしている
私もここでの思い出はいくつか有る
その町内に今住んで居ます
次が家を建てるまでの約半年住んだ
東山地区(碧南市)
そして初めての我が家

後はまだ私が小さかったので記憶がない
ただ昔ここの社宅で家族が暮らして居たと
聞かされて存在を知って居るだけ
記憶の有る事を記憶のある内に書いておこう

てんしき杯予選

8月23日
7時34分米津発の名鉄で金山へ
金山からJRに乗り換え岐阜8時51分着
会場に着くや宿さんと合流
しばらく雑談
いよいよ予選開始

てんしき杯予選ブロック「萌黄」
★5階 和会議室 審査員 桂梅團治 加藤浩 清水雅男 早崎静香
10:00~12:30    

1.鵜飼家 もなか
2.風流亭 天灯
3.締家 瓜生
4.栗須家 刃奈々
5.千遊久庵 柳月
6.千里家 帝風
7.筋骨庵 隆々
8.福々亭 鈴
9.円谷家 王子
10.楽笑亭 海爺
11.櫻鴬亭 七ふ思
12.銀杏亭 駒蔦
13.努三亭 拳王
14.福々亭 天竺
15.関大亭 剛屯

15:00~17:20

16.くるくる亭 パー吉
17.みなと家 めばる
18.江戸川 散歩
19.華乃 わんこ
20.喜居亭 未太郎
21.噺家 ぽりす
22.楠木亭 中楽
23.いい家 もう
24.甲家 夢朱
25.ながら家 椪汰
26.ながら家 吉童
27.可愛家 書ん坊
28.六松亭 或都
29.真岡家 凪ん忠

一人不参加で計28名
実に疲れました
私が1位2位に選んだのが
そのまま1位2位だったようです
誰の見るのも同じなんですね
米津19時35分着
奥様がお迎え(有難う御座いました)

本当に疲れて居て
ビール1本飲んで
20時過ぎに沈没

一生懸命の学生を見て反省しきりの喜楽でした
(まだ夏風邪が治りません)

人生の出会い

昭和25年2月26日に生まれました
勿論その時の記憶は有りません
(お釈迦様じゃないです)
保育園の記憶は有りません
もっとも半年しか行ってないですけど
小学校の友達とは交流は無いですね
中学校は3年生の時の友と今も交流しています
高校時代の友達とも自然消滅

安城に引っ越してから
30歳から付き合いだした仲間とは(同年会)
進行形で仲良くしてもらって居ます

45歳で始めた落語は続いて居ます
「楽語の会」の皆さんお世話に成りました
その間に各地の公民館、交流館、福祉の関係
老人ホーム、老人保健施設の職員さん
町内会長さんに老人会の会長さん
(これは今も増え続けています)
公民館の担当者とは特に親しくさせて貰いました

そして落語教室の生徒さん
大人は29人(講座の参加者)が私の犠牲に成ってます
(こころさんと駄さんは別)
子供さんは何人なのか数が解りません
30人以上いや50人かも
60までは行ってないと思う
(もう記憶も記録も無い)

あ~~小学校のクラブは今年で4年目だから20人かな
担当の先生や教頭先生に校長先生

落語では実に多くの人にお世話になって居ます
記憶に残っている事を残して置きたいと思います
又改めて詳しく書こうと思います

私にとって大事な財産だから

体がご機嫌ななめ

夏風邪をひいたみたい
喉の調子が今一つ
火曜日の晩から咳が出て
寝付けません
昨日は8時に寝ました
PCもやらずに
クーラーは29度
1時に切れるようにタイマーをセット
奥様も私と同じ症状
クーラー病なのか
とりあえず体調を整える事に専念します

大人の宿題

お盆休みも終わって普通の生活に戻り
夏休みももうあと10日ほどになり
宿題をどうするか悩む子供達
親も心配のあまり手伝ったりしますね

そんな大人にも宿題って有るんでしょうか?

私なんかそろそろ人生の宿題のお答えを出さないと

「遺言」ってやつです
もちろん私に財産が沢山有るって事じゃ無い
64年6月経とうとしている
今までの人生で色んな経験沢山の出会い
そんな心の財産について考えよう

もちろん日記には書けないけど
何かに記録して置かないと
私が召された時に残った人が慌てない様に
そんな事を真剣に考えないとね

第11回昭林落語会

落語会の告知です
9月7日(日)第11回昭林落語会
14時開演(13時30分開場)
安城市昭林公民1階ホール
入場自由
主催昭林公民館
出演、企画「楽語の会」
開口一番・藤家宿六「雑排」    
・夢の家くっか「振り込め」
    ・若鯱亭笑天「竹の水仙」
仲入り
    ・微笑亭さん太「楽しい動物園」
    ・お好味家喜楽「へっつい幽霊」

16時終演予定
1年ぶりに昭林落語会の開催です
お誘い合わせてお出掛け下さい

「紙入れ」について

私の十八番です(自分で言ってるから間違いない?)
この話の登場人物は、女将さん、新吉、旦那
三人しか出てこないが、少ないだけに人物像をはっきりしないと
話がぼやけてしまう
先ず主役である女将さん
二十七、八だろうか、とにかく良い女だと思う
そして賢いし計算高くも有る
自分の武器で有る女としての魅力
それを私は唇で表現しようと
女の唇・・・不思議なくらい色っぽい

その相手の新吉
二十歳くらいか?職業は貸本屋
ま~水商売でしょう。あまり固い仕事とは思えない
所が表現するとまだ初心な感じを出さないといけない
仕事の事を考えすぎずに
女の人に比べれば男って単純なんだ
そんな感じでやってます

最後の旦那
これが一番厄介
四十位でしょうか?
意気な旦那(そう有って欲しい)で
若い頃は自身そんな経験もしている
今その逆の立場に成って
真剣に新吉の悩みを聞いてやってる
真剣だからこそ、滑稽に映る

全体をみると、しょせん男は女の手の中で遊ばれてる
そうゆう事なんですかね
それだから女性の表現に重点を置く事に成る
男は単純なんだ、傍から見て居ているととても間抜けな存在

私自身もそれが良く分かる
新吉で有り旦那でも有るんです

女房の好きなイチジク

土曜は「こうぼう寄席「の前に
5時10分起きで早くからイチジクの収穫
金曜日家族みんなで中華料理屋で飲んでる時に
地元の友達から
「明日の分は清水取りに来いよ」
私はイチジクあまり得意では有りません
奥様が大好きです
それを知ってる友達の好意です
木で熟した美味しいイチジク
50個ぐらい
スーパーで買えばもだまだ高価な物
奥様は喜んでいます
友に感謝

第33回こうぼう寄席

8月16日土曜「第33回こうぼう寄席」
乙女ちゃんの初舞台の日です

喜楽挨拶と「老婆の休日」
乙女「たぬきの入学式」
いちご「おいものふくろ」
いくら「こうもり」
駄らく「宮戸川」
牡丹「加賀の千代」
小梅「人情八百屋」
こころ「ちりとてちん」
宿六「佐々木政談」

乙女ちゃん初舞台は堂々としたものでした
思った通り少し早口に成ったね
それを考えて稽古でゆっくりおしゃべりした成果が出た
次回からは稽古でも普通の速さで喋って良いよ

いちごちゃん御免なさい私がチャント手拭い用意してたのに
渡し忘れて居ました
そのこと以外は良かったよ
教室の稽古以外で頑張ったんだよね
セリフが正確に成って来た
それがチャント出て居ました
八百屋さんのイントネーション難しいのかな

いくらちゃんは安心し見て居られます
先輩なんだもの話も受けていたし良かった
又次回には別の注文だすからね

駄らくさん
子どたちに気を使ったんだ
余裕が有ったって事ですね
でも自信たっぷりじゃ無いですね
ずうずうしい位に出来ると良いな

牡丹さん
良かったひと皮むけた
言葉がセリフが生きて来た
牡丹さんも楽しかったでしょうが
聞いて居た私も嬉しかった
まだまだ伸びます

小梅さん
人情八百屋を得意ネタにしましょう
チョット張り切り過ぎた感は有ったけど
メリハリも良かった
こうもりみたいに回数掛けましょう

こころさん
稽古は2回なのに良く間に合わせました
少しぎこちない所も有ったけど
工夫のし甲斐が有る話です
頑張りましょう

宿六
主任として良い出来だったと思います
責任を持って最後を締められた
客席に向けた思いは伝わったでしょう

今回は全員良かった
ネタの組み合わせも良かった
安心して最後まで楽しめました

着物脱ぎっぱなしにたのは
全員の話を聞きたかったからです
(牡丹さん有難う御座いました)

お盆

世間並みにお盆です
息子と娘が家族で集まって来ました
生ビールで楽しい時間を過ごすこの空間
生中を三杯も飲んでしまいました
家に帰ってからも缶ビールに焼酎
ほんの少しですが酔っ払いました
気持ちの良い酔い

爽やかな人

さだまさしさんの「雨宿り」を
YouTubeで聞いて
改めて爽やかさってどんな事だろうって

もちろん私は爽やかとは全く縁がない
ボーッとした人間です

近頃爽やかな人っているのだろうか?
ドロドロした社会の中でですもん

そんな人が居るわけがないと
でも探せばきっと居るんでしょう

探して見ます
私の周りで

プリンターの調子が

プリンターの調子が今一
キャノンのMP5
かなり古い機種ですが
使い慣れているのでまだまだいける
思って居ましたし
インクもまだ大量に残っているので
勿体ない(もったいない世代)
かなり不味い状態
かすれる様に成って何とかしなきゃ

久しぶりに説明書を読みました
(購入した時以来)
困った時には使用説明書です
とにかくクリーニングする事
所が買ってから一度もやった事が無い
何回クリーニングしても良くならない
強力クリーニングもやってみた
これでも駄目な場合は
24時間以上空けて再びクリーニングしなさい

命令通りにしてみます

男のロマン

夫のロマンは妻の不満なんて言いますよね
男は基本子供なのです

「我が儘は男の罪」
「其れを許さないのは女の罪」
財津和夫(チューリップ)さんが歌ってる
この歌詞が良く表して居ます

終戦直後に生まれた私は
今の時代とは考え方も環境も違って居ました

それでも戦争中に生まれた人たちとも
大きく考えが変わります
年齢が5歳違うと
ついていけないのです

男女間の話も
年代で変わってきてますよね?

私はロマンを追い続けたいのに

羽織を注文しました

本当に久しぶりに着物を注文
と言っても羽織ですけどね
呂の羽織です
呂は着物と襦袢は持ってますが
羽織は無かったのです

もちろん呂を着る時は暑い時期なので
羽織は無くても着流しで良いやって
でも有ればそれに越したことは無いし
駄さんの紹介してくれた所で
頼みました
9月半ばに出来て来るので
今年はもうあまり着る機会は無いかも

次はどんな着物を作ろうか
又また着物が欲しい病に成りそうです

落語教室とよあけ市民大学「ひまわり」

平成26年度後期とよあけ市民大学「ひまわり」
講座番号44「落語にチャレンジ」
第2,4水曜日14:00~15:30
(10/8,22。11/12,26.12/10
1/14,28.2/11,25.発表会3/25)
10回講座
受講料6,000円
教材費1,200円
会場;中央公民館会議室
受講資格;16歳以上
講師名;お好味家喜楽

8月1日から正式に募集が始まりました
よろしかったら参加下さい

皆さん大丈夫ですか?

台風です
強風です
時々強い雨も有ります

こんな中押入れの整理をしました
会社の名前入りの作業着、上着
新品のまま十年以上前から押入れ住まい
昔のタイプの軍足これも新品
もう今更役には立ちません

派手な毘沙門マークのパジャマ
十年以上使わなかった物は処分
下着(シャツ)は使えるかも一応取っておく

後は奥様の着物(普段着)帯、半纏
タオルとタオルケットは娘が欲しい
と、いうので整理して渡すことに

押入れ一つの掃除で1時間以上掛かってしまった
まあ~台風でやる事も無いし
良い暇潰しに成りました

何にしても台風が何事もなく
通過してくれる事を願っています

「こども喜楽会」落語教室

こども喜楽会「こうぼう寄席」前の最後の稽古
今回は3人全員参加
来週の16日に向けて最後の調整

いくら「こうもり」
10分で終わってしまう
かなり細かい所で飛ばしているから
本当は11~2分かかると思う
しかしこんな少しの間に覚えて来るから凄い
きょうも余計な仕草の注文をした
本番ではチャント出来るでしょう
いくらちゃんだから

いちご「おいものふくろ」
時々セリフが詰まるね
八百屋のイントネーションがいつも微妙
癖に成っているのか
注意すれば治るんだ
いちごちゃんの事だから大丈夫だよね

乙女「たぬきの入学式」
ゆっくりと正確に出来ている
初めての舞台に成るけど
きっと本番でも稽古の時と一緒
とにかく元気よく大きな声で

皆が頑張ってくれているので安心
16日まで体調に気お付けてね

豊明子供祭り

先日豊明の子供祭りに参加しました
私と宿さんで
子供参加型の15分
子供が6~7名参加してくれて良かった
それでなければ参加形でも何でもない

駄さんの桃太郎15分
この構成でしたが
元気の良い子供達が参加してくれて
とても良い感じ
駄さんの桃太郎の前のマジックも
チャント子供達が反応して
本人も(駄)楽しかったみたい
ネタは今一つだったかな

二人とも又新しい形の舞台
経験しただけでも良かったね

御岳ロープウェイ

御岳ロープウェイにツアーで行って来ました
生憎の雨でしたがロープウェイで七合目まで上がり
展望台から山頂が数分の間
何とか雲の間から確認出来ました
中3の孫娘と行く楽しいツアー
孫はロープウェイが初めてだったって

それと添乗員さんが若くて綺麗
うなじの透き通るような白さは
感動すら覚えました
オット隣で女房が睨んでる
その目の恐ろしい事
今晩うなされそう

落語教室「喜楽会」

喜楽会教室
自主グループの講座は参加者3名で行きます

こころ「ちりとてちん」
細かい所のチェックお酒の飲み方
最後の落ちに向かっての盛り上げかた
気持ちが悪いと言う表現
二回の稽古で舞台に掛ける事が少し無理が有るかも

宿「阿武松」
後半からで錣山の表現が良くなった
その反面橘屋善兵衛さんが軽い
小柳ももう一つ
もう少し気持ちを込めないと

駄「火焔太鼓」
本人はまだまだと言っていたが
まずまずの出来でしたね
良い感じですよ
このまま素直に行きましょう

牡丹「加賀の千代」
女将さんのイメージがはっきりしてきましたね
その点隠居さんがフアフアしてるかな
無理に演じようとしないで
ただただ甚平さんが好きな隠居に徹しましょう

小梅「人情八百屋」
人情話として成立居て居ます
もっと人物像を際立たせて下さい
こんな噺は聞く方もハードルを上げてる
そのハードルを飛び越えるくらいの
意気と形
見た目にもこだわりを持ちましょう

同時進行の打ち合わせ

三好丘緑行政区の打ち合わせに行って来ました
実はその前日隣の行政区「高嶺」の区長さんから電話が有り
「同じ日何だけど内でも敬老会が有るから来て欲しい」
区長さん同志交流(同じ消防団員)も有って一緒に打ち合わせ
10時30分から11時40分の話と
12時から12時50分の話と
同じ日に受ける事に成りました
それぞれの会場に弟子の宿さん、駄さんが参加
私は綱渡りみたいに二つの会場を移動
もっとも二つの会場は車で10分しか離れていないし
宿さんに先乗りしてもらって尚且つ道具も一式持っている
実に役に立つお弟子さんだ
9月14日はみよしで頑張ります
さあ~ネタはどうしよう

キチント打ち合わせ

今日は今から三好丘緑行政区に
打ち合わせに伺います
9月14日の敬老会の件です
自宅からはかなり距離が有りますが
私みたいに実力の無い人間は
人間関係だけが命綱です
チャント会場の確認をして
道具もどんな物が有るのチェックしないと

その後に豊明の子供祭りに行って来ます
時間を無駄にしない為に
ガソリンも有効に使うため
常に気も使って居ます

其れじゃ後でね
宿さん駄さん

笑顔の貯金

喜楽さんは何時も笑顔ですねと言われます
まるで何も考えていない人みたいに言われていますが
まあ~その通りで何も考えていません

只今までに出会った人たちの笑顔を思い出す
笑顔の貯金が有るからなのかも知れません

特に子供達の事を思い出すと笑顔になれます
四年半前の還暦祝いをしてくれた
「作野お笑い道場」の子供達
女の子はチャント手紙を書いてくれて
(紙も便箋も可愛い)
男どもは忘れて居て当日慌てて書いたんだろう
(同じ封筒に同じ便箋で直ぐにバレルよ)
それでもとてもうれしかった
あの時の子供たちの顔を思い出しただけで笑顔になれる

それだけじゃ無い
子供達は私にとても懐いてくれて
(疑っちゃいけません)
大勢の孫に囲まれているような幸せ
私がいつも笑顔なのは笑顔の貯金の
残高が沢山有るからです

のんびり日曜日

昨日は何もしない日曜日
話題もなく書く事もない

Yahooニュースで川の中州でのキャンプ
増水で流されて家族三人死亡と言う記事
ついつい関連記事も読んでしまいました

夏休みに成ってから
山の事故、水での事故
それに熱中症関連

良い話って無いですね
海外では戦争の事が大きく報道され
事件に事故
そんな中・・穏やかな一日を過ごしました