近所に住んで居る同年メンバーの一人
こ〇さんとそのお孫さんが我が家へ
内の奥様の「くす玉」に興味が持った小1の女の子
先日そのくす玉を差し上げたのがきっかけで
奥様を先生として「くす玉」作りに来たのです

小4の男の子と、チューリップさんの女の子
3人とお爺ちゃん(私の友達)の四人です
彼は奈良の出身でこちらで奥さんと出会って暮らして居る
私も隣の碧南から来ている純粋な地元民では有りません
そんなきっかけから親しくさせて貰っています
娘の結婚式にはマイクロバスの運転手もしてくれました(十四年前)
彼の家の引っ越しの手伝いにも行きました(もっと前)

話しを戻しますが、お孫さん達が家に来て
まず初めに猫の「ななちゃん」に関心を持ち
チューリップさんは「おばちゃん、ななちゃんを見に行って良い?」
勿論「ななちゃん」はテレビの後ろに隠れて居ます
一方くす玉作りの方は真剣です
奥様曰く「子供は直ぐに出来る様に成る」
羨ましい限りですね
小さい子供と久しぶりに接する事が出来ました
帰って行く時に
「おばちゃん。また来ても良い」
「いつでもおいで。50メートル歩けば着くから」
爺ちゃんの友達の家に遊びに来てくれる
嬉しい事ですね
最後まで可愛いままでした
スポンサーサイト