安城市中部公民館「高齢者教室」

9月29日(金)安城市中部公民館「高齢者教室」9:30~11:30

今年度6か所めの講座です
総合公園の中を通行できる許可証が有ります
小梅、宿六の三人で公民館に横付けして道具を運び入れる
今日は宿さんがDさんの代演での参加です
皆さんと一緒に舞台の準備をしたのだが
要らない道具も持ち込んでいたので
次回からは先ずどんな物が必要なのか偵察隊を送って
それから道具を詰め込みましょう
こんな事を決めるきっかけになりました

9:30
挨拶、講師紹介
藤家宿六・・反対俥
お好味家喜楽・・紙入れ
仲入り
香恋の小梅・・稽古屋
お好味家喜楽・・鹿政談
質問コーナー

今年に入って安城市の高齢者教室は本当に反応が良いです
私に対する認知度がかなり上がっている事も有りますが
それ以上に皆さんが楽しんで下さいます

お終いの挨拶で館長さんが
「来年もお願いすることに成ると思います」
その瞬間に会場から拍手が
とても幸せに感じた時間でした

受講生の皆さん有難う御座いました
スポンサーサイト

近所に住んで居る同年メンバーの一人
こ〇さんとそのお孫さんが我が家へ
内の奥様の「くす玉」に興味が持った小1の女の子
先日そのくす玉を差し上げたのがきっかけで
奥様を先生として「くす玉」作りに来たのです

小4の男の子と、チューリップさんの女の子
3人とお爺ちゃん(私の友達)の四人です
彼は奈良の出身でこちらで奥さんと出会って暮らして居る
私も隣の碧南から来ている純粋な地元民では有りません
そんなきっかけから親しくさせて貰っています
娘の結婚式にはマイクロバスの運転手もしてくれました(十四年前)
彼の家の引っ越しの手伝いにも行きました(もっと前)

話しを戻しますが、お孫さん達が家に来て
まず初めに猫の「ななちゃん」に関心を持ち
チューリップさんは「おばちゃん、ななちゃんを見に行って良い?」
勿論「ななちゃん」はテレビの後ろに隠れて居ます
一方くす玉作りの方は真剣です
奥様曰く「子供は直ぐに出来る様に成る」
羨ましい限りですね
小さい子供と久しぶりに接する事が出来ました
帰って行く時に
「おばちゃん。また来ても良い」
「いつでもおいで。50メートル歩けば着くから」
爺ちゃんの友達の家に遊びに来てくれる
嬉しい事ですね
最後まで可愛いままでした